らせんの森

らせんの森
A5/52p/表紙シルバー+エンボス特殊印刷

あらすじ
人理修復前、旧カルデアでの事。ある日チョコのお返しに森へと誘われたマスター。導き手であることを自らに課しているというドルイド成分多めなキャスニキ+マスターのちいさな、大樹と森のお話です。

とらのあな販売ページ
冒頭サンプル

ドルイド成分多めなキャスニキがみたかったという、大変にシンプルな動機で描いた本。
冒頭部はかなり最初期に描いたんですが、下調べなどしていて寝かせている時期がとんでもなく長かった作(資料やら取材やらがっつりやったけれども、キャスニキ=オーディン説が出てきたため、結局ケルトドルイド寄りにしきれずネームを大樹信仰方向にぼかした方向に変更したりで大変だった記憶)
表紙がシルバー地に白引き印刷+角度を変えるケルト紋様が浮かび上がるエンボス加工になっています。大変綺麗にできたのでそこは満足なのですが、値段にそれが跳ね返ってしまい反省したりも(ほぼ原価でこれという)ともあれ、内容含めて大変に趣味性の高い本なので、それでも大丈夫だという方にどうぞ。

ドルイド寄りなキャスニキの話はもう少し描きたいところです。

表紙 エンボス模様参考写真
  1. Home
  2. /
  3. Gallery
  4. /
  5. Book
  6. /
  7. らせんの森