XXmemo


#雑記
ブリテン島を5世紀ごろローマが放棄してやってきたアングロ・サクソン人はゲルマン系、つまり北欧系だったので宗教は北欧神話のものでした。汎人類史でのブリテン島は、古くはドルイド教があり、そこにローマ、続いてゲルマン文化がきて北欧神話が一度席捲して、その後キリスト教へ、の流れのはず。

ローマでも迫害されていたドルイド教は、このサクソン人にとどめを刺されたというか、駆逐された形になってるんですけども、キャスニキ、よりによってそのドルイドと北欧のミックスとか。なんて因縁を感じる組み合わせなんでしょう…

というかアイルランドはキリスト教が強かったので(ダブリンみたいに襲ってきたヴァイキングが作った町とかもありますが古くは優れた修道院の連なる知識人の島だったのです)どうしてもで混ざるならそっちでは…みたいなことはいまだにちょびっと思ったりする。
個人的好みからすると、混ざらないのがいいんですけど…!(とはいえもう今更なのでとっくに諦めている)

古英語ってゲルマンベースなんですよね。作中にも出てきた、ってことは妖精國は北欧文化が一度入ったベースはあるってことかなあ…人類はどのあたりからああなっちゃったんだろう。人類史、時代はないっぽいですけど、ゲルマンが来るまでの歴史ならあるってことなのかなあぁぁ
それなら前1世紀前後が舞台なケルト神話からもサーヴァント呼べそう。それよりも古い歴史なので。
畳む



創作なのは重々に承知の上で遊んでますので、これ史実と違うじゃないか!とか野暮なことをするつもりはないですが、物語の奥行きを考えるうえで、実際の歴史文化などとリンクしてあれこれ考えられたら楽しいじゃないですか。自分はそういうのが楽しいので勝手にあれこれほわ~っと考えてたりです。誰に押し付けるわけでもなくただ考えるだけ。趣味の醍醐味です。

■詳細全文検索:

  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • 出力順序:

FGO系雑多忘備録なメモ帳
ネタバレなどあるかもしれないのでご注意を

pixiv / sketch / FGO記事置場 / 連絡用サイトフォーム / FGO公式情報チェック用

編集